コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

目元・二重まぶた・涙袋形成・目頭切開

二重術(ナチュラルデザイン法)

ナチュラルデザイン法は、今までの手法と比較して、二重が長持ちして腫れが少ない手法です。カウンセリングによってその方にあった手法をご提案します。ほとんどの方が切開なしで、よりご希望にあった二重を実現します。

涙袋形成

魅力的な目元の条件の一つが涙袋。半永久的持続のアクアミドジェルやヒアルロン酸でふっくらとした涙袋を作り出します。入れすぎると不自然になるため、少量注入した後、患者様が術中に鏡で確認しながら、形成してきます。

 


二重全切開法

切開法のメリットは、埋没法と異なり、適切な手術を行なえば重瞼ラインが消失することはありませんので、理想的で自然な二重を作れます。一度施術した切開法でも、幅変更は可能です。デメリットは、術後のダウンタイムが必要な事と、重瞼ラインに傷が残るですが、重瞼ラインの傷につきましては、二重のシワにしか見えないので目立ちません。

 

flow10


 

男性の二重術

最近は男性の方も増えてきています。もちろん、男性の方も施術可能です。きりっとした二重にしたい。力強い目にしたいなど、相談内容も様々。お気軽にご相談ください。

上眼瞼リフト術

年齢とともにたるみ、まぶたは下がってくるもの。そんな方には、上眼瞼リフト術がオススメ。切開は致しません。従来の重瞼ラインよりも上へ幅をとった位置にナイロン糸を使用してまぶたを引き上げます。それによって下がってきたまぶたをリフトアップして若々しいしっかり二重を作ります。たるみが気になりがちな、ご年配の方で切開をしたくない方には大変人気があります。

 

flow9


 

上眼瞼凹み修正

加齢とともに、上眼瞼にくぼみが出てきます。10代、20代の若い頃は上眼瞼が腫れぼったいものです。40代、50代になるとまぶたがくぼんできます。まぶたのくぼみがあると、実年齢より老けている印象を与え、二重が形成しにくくなります。くぼみの修正はヒアルロン酸注入か脂肪注入を行ないます。くぼみを解消し、自然な二重で魅力的な目元をつくれます。

下眼瞼脱脂術

下まぶたに出来るふくらみは、筋肉や皮膚のたるみにより脂肪が下がってくることが原因です。下まぶたにたまる脂肪は、時には静脈を圧迫し、うっ血するため、クマが出来ている様に見えます。脂肪を取り除く事によって軽減します。また、たるみの予防にもなります。


目頭切開、 目尻切開

蒙古ひだがある方は、末広がりの二重になってしまいます。平行方の二重を形成する場合は、蒙古ひだを切開し、大きな印象の目元をつくります。内眼角のフチを切開をするため、傷跡がほとんどなく、自然に仕上がります。

 

flow12