コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

アイテープ(アイプチ)の注意点

アイテープもアイプチ(イミュのグループ会社のエルソルプロダクツが商標権を持っているため、他社ブランドの同種の商品は「二重のり」などと呼ばれている)もまぶたを一重から人工的に二重にするための化粧品です。
アイプチはまぶたの皮膚に糊状の液体を塗り、二重のヒダができるように貼り合せることで二重まぶたを作ります。

アイプチの場合、塗った部分がどうしてもテカッてしまうことから目立ってしまったり、はがれてくるのではないかと気になったりすることが多かったことから、寝ている間にまぶたに「折り目」をつけて二重まぶたの癖を付けられる「夜用」のものも市
販されています。

アイテープは二重にしたいラインを決めておき、そのラインに沿ってまぶたの上にテープを貼って二重まぶたを作ります。アイテープにはさまざまなカラー・かたち・タイプのものが市販されており、目立たないうえに簡単に二重まぶたを形成できる物を手に入れることができます。

近頃は整形やプチ整形をしなくても、アイプチやアイテープで簡単に二重まぶたにすることができるようになりました。しかしアイプチやアイテープではがした後は、ごく一部の人以外は確実に元に戻ってしまいます。そのことを術前に理解しておかなければなりません。

なお、アイプチやアイテープを長期間使用する場合は、次のような可能性があるので注意してください。

・接着剤の成分でまぶたの皮膚がアレルギー反応をおこす可能性があること。
・目を完全には閉じることができなくなることで、涙が出たり目が乾いたりすること。
・普通のメイク落としで完全には落としにくいことで、シミ(色素沈着)ができる可能性があること。
・まぶたの皮膚が薄いことで、伸びてしまって腫れぼったい目になること。