コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

美肌と食事

美肌を目指して多くの人が取り組むのはスキンケアです。しかし、表面だけをキレイにしようとしても加齢に伴う肌の衰えなどには限界があります。美肌を獲得するためには、健康的な体とその内側から肌を美しくする取組みが必要なのです。

体の内側から肌を美しくする取組みとは、「食事」に他なりません。
ではどのような食事が美肌に結びつくのでしょう。

健康のためにはバランスの良い食事が大切ですが、一般に言われるように肉や魚、野菜や果物、海藻や豆など30品目以上の食品を毎日食べることは困難です。それよりも品目数にこだわらず栄養素にこだわって、美肌に欠かせない「三大栄養素」をバランス良く食事で摂り入れることを考えたいものです。

美肌に欠かせない三大栄養素とは「ビタミンA・ビタミンC・たんぱく質」です。

「ビタミンA」には抗酸化作用があって肌細胞や粘膜を強くしてくれます。緑黄色野菜などに多く含まれていることで知られているβカロテンは、体内に摂取されるとビタミンAとして働きます。ビタミンAは摂り溜めできる栄養素ですから、毎日摂取できなければ気が付いたときにたくさん摂ればいいのです。

「ビタミンC」にはメラニンの沈着を抑えシミを薄くする作用があります。ビタミンCは取り過ぎた分は排泄されてしまう栄養素ですから、少しずつであっても毎日摂取するのが原則です。

「タンパク質」は肌や体を作る元になる栄養素です。赤身の魚や肉、卵や牛乳などに含まれます。また、大豆や大豆製品にも植物性のタンパク質が豊富に含まれています。脂質が気になる人は、ゆでたり蒸したりすればいいのです。