コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

ダウンタイムとは?

一般的には、ダウンタイム(down time)とはシステム・サービス・機器などの稼働停止・休止・故障・動作不能・中断の時間を指しますが、美容整形の分野で言う「ダウンタイム」とは、施術を受けてから施術前のような日常生活が通常通り行えるようになるまでの時間のことを指します。

美容整形で施術後には、痛みや腫れなどによって日常活動が制限されることがあります。制限される期間は施術内容・クライアントの体質・クライアントの都合などによって違いがありますが、手術前の生活を取り戻せるまでにはある程度の期間が必要なのです。その期間のことをダウンタイムといいます。

美容整形では「治療期間」のことを「施術に要する時間」だけで表現されるケースがありますが、整形手術を受ける人にとってはダウンタイムを含めたものが治療期間と考えておかなければなりません。

美容整形でのダウンタイムは、大きくは4つの要因で構成されます。

それは、痛み回復に必要な期間・腫れ回復に必要な期間・内出血回復に必要な期間・抜糸までに必要な期間です。

「痛み回復に必要な期間」が1週間以上続くような手術はまれです。ただしシリコンバッグによる豊胸手術の場合は、医師に確認しておく方が無難です。

「腫れ回復に必要な期間」は顔の整形、特にまぶたの整形の場合は必ずダウンタイムが必要です。術前のカウンセリング時に腫れの程度や期間を確認しておくことが必要です。

「内出血回復に必要な期間」が2週間ほど必要な手術があります。それは脂肪吸引や顔の整形です。なお、プチ整形においても内出血の可能性があります。

「抜糸までに必要な期間」は5~7日です。プチ整形以外の美容整形においては、抜糸までのダウンタイムが必要です。