コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛もレーザー脱毛も、脱毛の原理についてはほぼ同じです。皮膚表面のメラニン(黒い色素)にだけ反応する特殊な光を照射することで毛根にダメージをあたえ、そのことで毛を生えさせないようにします。

照射する光は黒い色素に反応しますから、色素沈着が濃い肌や日焼けした肌は火傷する可能性があることで施術できないことがあります。また、白髪や色素の薄い毛に施術を行っても脱毛効果は得られません。

光脱毛とレーザー脱毛は脱毛の原理は同じですが、次のような点で違いがあります。
1つ目は「波長」です。光脱毛が「複数の幅広い波長の光」を使うのに対し、レーザー脱毛は「単一波長のレーザー」を使います。

2つ目は「出力量」です。光脱毛は出力を一定に制限しているので誰でも安全に扱えますが、レーザー脱毛は照射力が強いため使用が医療機関だけに限られています。

3つ目は「施術範囲」です。光脱毛の光は拡散して当たるので広範囲に照射して施術できますが、レーザー脱毛のレーザーは一直線にしか当たらないことで狭い範囲への集中的施術に適しています。

4つ目は「効果」です。光脱毛は出力が低いことから通常12回〜18回以上の施術を必要とするのに対し、レーザーは出力が強いので脱毛効果が出やすく施術回数はサロン脱毛の半分程度の5~8回で済みます。光脱毛の効果は半永久で「不再生脱毛」としか言えませんが、レーザー脱毛の効果は「永久脱毛」と言われるほどの高さです。

5つ目は「痛みとトラブル」です。光脱毛は出力が抑えられているのでほとんど痛みはありませんしトラブルも発生しませんが、レーザー脱毛は出力が大きいために光脱毛よりは痛みが強いですし施術後の腫れや炎症などが起きる確率は光脱毛より高くなります。