コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

ムダ毛の処理でよくある問題

ムダ毛の処理は、カミソリ・毛抜き・除毛クリーム・家庭用脱毛器などを使用して家庭で行うのが一般的です。しかし、これらの処理方法には、注意すべき問題があります。それぞれの処理方法ごとに問題を紹介しましょう。

カミソリによる処理はほぼ全身のムダ毛を簡単にカットできますが、表面の毛だけのカットですから短期間の効果でしかありません。また、肌を傷つけていわゆるカミソリ負けと呼ばれる痒みや赤いボツボツがでたり、色素が沈着する原因にもなったりします。

毛抜きによる処理は、1本1本のムダ毛を毛根から抜くことで効果が長持ちします。しかし、毛穴を傷つけやすいことから、ブツブツとした毛穴の盛り上りや毛穴がふさがって埋没毛などの原因になります。また、毛穴周辺の色素沈着が起こることがあります。

除毛クリームによる処理は、化学的な方法で処理することで滑らかに仕上がって毛穴も目立ちません。しかし、表面部分のムダ毛処理のため効果が短期間です。問題は、クリームに含まれた薬剤に反応してしまうことがあることです。クリームは、毛を溶かすと同時に肌表面の角質も溶かしてしまいます。そのことで肌アレを起こし、ばい菌などが侵入して炎症をまねきやすくなるのです。

家庭用脱毛器よる処理は、毛根からムダ毛を抜くことで効果が長持ちしますし肌への負担も少ない方法です。しかし、脱毛器の購入費が必要ですし、効果はクリニックやエステでの脱毛よりも劣ります。また、脱毛器で毛を抜くタイプのものは、埋没毛が発生する原因になる場合があります。

こうした問題の多くをクリアするのが、レーザー脱毛です。とくに当院で行われている医療レーザー脱毛は、

ムダ毛処理で悩んでいる方には一度検討してみることをおすすめします。