コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

美しいバストライン

個人差はあるものの、バストは年齢を重ねるにともなってさまざまな変化を示します。具体的には、若いころのバストと比較すると「張りを失う・サイズダウンする・位置が移動する」といった変化です。一般的には、このようなバストの輪郭が変化することをバストラインが崩れると表現されます。

いつ、どこで言われ始めたのかは定かではありませんが、女性にとって永遠のテーマとしての「理想のバストライン」というものがあります。人には好みがありますし美意識に違いがありますから「理想のバストライン」が必ずしも「美しいバストライン」ということではありません。しかし、このサイトでは、圧倒的に多くの女性から支持されている理想的で美しいと言われる「理想のバストライン」とはどのようなものかを紹介しておきましょう。

まず「理想の形」です。バストの形にはお椀型・半球型・円錐型・三角型・皿型などがありますが、理想的なのは「半球型」だと言われています。

次に「理想の大きさ」です。美乳とされる理想のバストは、トップバストのサイズが「身長×0.54(0.53との情報もある)」と言われています。身長が160cmの女性なら160×0.54=86.4ですから、トップバスト86.4cmが理想の大きさということになります。なお「理想のバスト指数」といわれるものもあり、「トップバスト÷身長」の算式で求めた場合0.54~0.56であれば美しいバストと言えるようです。

もう一つが「理想ライン」です。デコルテにおけるバストトップの位置です。左右の乳首と鎖骨の中心から結んでできる三角形が、正三角形になるのが理想的とされています。また、正三角形の一辺の幅が顔幅と同じ、バストトップの位置が肩と肘の中間あたりにあればさらに理想的と言われています。