コスメティック・サージェリー・加藤クリニック|大阪市北区の美容外科

大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-1-21 桜橋深川ビル 4階
東西線北新地駅から徒歩2分/診療時間 10:00~20:00(完全予約制)

TEL:06-6147-4433

お問い合わせ

ストレスと美容

「ストレスは美容の大敵」と言われますが、このサイトでは、そのメカニズムについて情報を提供していきます。

人は強いイライラ・不安・我慢といった精神的な負担を感じると、血圧が上がったり免疫力が低下したりします。また、生理が止まったり蕁麻疹ができたりする人もいます。これは大脳と脊髄の繋ぎ目の前方にある「視床下部」と呼ばれる部分が、調子を乱すことに原因があると言われています。

視床下部は自律神経・ホルモン分泌・免疫力のコントロールを担っている部位ですから、そこが乱れると自律神経、ホルモン、免疫力も影響を受けて本来の機能を発揮できなくなります。またそのことで、美容の面でもさまざまなトラブルの要因になるのです。

自律神経に影響があるとアドレナリンなどの分泌が増えて体が緊張状態になり、そのことで血管が収縮して血流が悪化してしまいます。血管が収縮して血流が悪くなると、皮膚の真皮にある毛細血管へは血流による栄養素が届かなくなってしまうのです。必要な栄養を摂取できなくなれば肌へ栄養が行き渡らない状態になり、肌の状態が悪くなってしまいます。

また、血流が悪くなると新陳代謝機能が悪化しますから、肌のターンオーバーが乱れて肌荒れやくすみの原因になるのです。さらに、血流が悪くなるとリンパ管のめぐりも悪くなって老廃物や不要な水分回収機能の働きも衰え、むくみ・しわ・くすみなどの原因になります。

さらに、ホルモンバランスの乱れは活性酸素を除去する機能を低下させますので細胞を酸化して老化させ、肌のターンオーバーができなくなってしまうのです。
たかがストレスなどと考えないで、ストレスは美容の大敵であることを肝に銘じておきたいものです。